So-net無料ブログ作成

咳のしすぎ [病院]

 先々週の週末から、少し咳が出ていた。
 熱はない。鼻水が少々。
 スイミングが火曜日にあるので、それまでに自力で治るかと思っていたのだが、生憎、咳は多くなってきた。
 仕方ない……このシーズン、インフルエンザの感染が怖いけれど、そろそろ病院にいかなくてはならないかな……。
 水曜日に病院に行った。
 案の定、咳と鼻水だけの症状だったので、薬で様子を見ましょうとお医者さんに言われ、帰ってきた。
 これだけ元気なら、スイミングいけそうなんだけどな~と思うほど、力がありあまっている。
 毎日、薬を飲ませて経過を見ていたのだが、だんだん、夜中の咳がひどくなってきた。
 吐きそうになりながら咳をする。鼻水も多い。土曜日には熱も出た。そして、顔にあきらかに湿疹などとは違う、そばかすのような点々が……
 最初はお肌の乾燥かと思って(皮膚科にも行って、そのように言われた)、お肌はシットリつるつるになるまでケアした。
 しかし、ソバカスのような、肌の奥に浮き出る赤い点々……
 これは、オカシイ!?……かも……
 ここでも判断が鈍る。なぜなら、熱も微熱だし、元気だし、スイミングで発散できないから、大暴れだし……
 しかし、その点々が日曜日には、目の周りまで増殖していたので、何の病気だか心配になって、今日(月曜日)、病院に行ってきた。

 結果……どうやら、内出血とか言われた>顔

 咳のしすぎで、たまになる子がいるそうだ。
 お医者さんはこうも言った。

 「血が出やすい体質だったら困るので、血液検査しましょう」

 え!? 血が出やすい体質!?
 そう言われて、真っ先に想像したのが、昔、山口百恵ちゃんが主役でやっていた「赤いシリーズ」のストーリーで1度ぐらいは使われたんじゃないかっていう「血友病」を思い浮かべてしまった。
 もう、妄想ライターの血は止められない(←誰か、こっちの血を止めてくれ……)!!
 まさか!? そんな……!?
 母の妄想は、もう ぐ~~~るぐる、ぐ~~~るぐるとアルペンスキー大回転(謎

 どっきどきの1時間弱の待ち時間後、結果は「血小板が少ないとか、そーゆー事はありませんでした(お医者さん)」……驚かすなよ。

 結局、ソバカスみたいな内出血があるので、それだけ苦しい咳をしていたんだなとお医者さんも見受けたのか、咳を抑えるパッチをもらった。(シールみたいなやつ)
 気管支を拡張する薬らしい。便利な世の中だ。
 私の喘息の発作の時の、気管支拡張剤は、「プシュッ!」と吸引するやつだぞ。
 吸う時苦しいんだよなー こんな便利なもんあるんだー……と思いながら、説明書を読んだら……「発作を抑える薬ではありません」……な~んだ。ちぇ。


 家に帰ってお昼ごはんを食べた紅丸は、今日も食事後に元気に自主トレをした。
 その甲斐あってか、冷凍庫を自力で開けるようになった。
 扉タイプを軽々と……。
 閉めてもまた開ける。
 今後は、冷凍庫対策が必要みたいだ。
 相変わらず、チカラワザなやつ。スイミング休みの時ぐらい、自主トレをサボればいいのに。
 まぁ、将来、Jリーガーを目指している(ぇ から、日々の鍛錬は必要なんだろうか。(違

 そして、薬剤師さんの説明どおり、先ほど風呂上りにさっそく貼ってみた。
 今のところ、咳もしないでスヤスヤと寝ている。
 お友達のTさんのメール情報では、「あれ、効き目が微妙だよ~」ってな話だったので、多少不安ではあるが、これで夜中起きないで済むといいなぁ。
 ここんとこ、毎日、夜中起きて背中さすったり、軽く叩いたりしていたんだよねぇ。
 ちょっと寝不足。
 まぁ、パパが出張中だから、お気楽な家事で済むのが救いだけどね。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

恐怖の血液検査 [病院]

 先週からハナタレ小僧の紅丸を連れて、病院に行った。
 いや、全然大した事ではなくて、おしゃぶりを愛好している紅丸は、鼻が詰まると眠いときには大暴れにぐずる。
 それと、昨日よりコンコンとセキが気になったこと、明日にはスイミングがあるので、行って悪くさせる前に、状態だけお医者さんと相談しておこうかな~というのもあった。

 受付で診察券を出すと名前を呼ばれた。
 あれ!? 見ると、スイミング仲間のKちゃん(HN:未定なので仮ハンw)であった。
 どうやら、アレルギー検査で来たらしい。
 Kちゃんママは、インフルエンザ予防接種も終わって、接種スケジュールとスイミングスケジュールを考えて、やはり今日を選んだとの事w
 考えることは同じかぁw

 インフルエンザも痛いらしいので、今は考え中。
 両親とお子さんの計3人で、1万円ぐらいかかるらしい。高いなぁ。

 来た時間が近かったのか、Kちゃんのすぐ後に呼ばれ、一緒に中待合室へ。
 紅丸の結果としては、思ったとおり「大したことはない」らしい。
 薬を出してもらい、チャチャッと終わった。
 受付前に出ると、Kちゃんが上着を脱いで、準備万端で待っていた。
 紅丸もKちゃん(6ヶ月)と同じ頃にアレルギー検査をした。
 「おかさんは受付の前で待っていてくださいね」
 ……といわれ、外で待っていると、中から
 うぁぁぁぁぁ~~~~ん!!!!という、絶叫が聞こえて、ハラハラした記憶がある。

 んで、Kちゃんの場合。
 やっぱりママだけ外に出てきた。
 しばらくすると……

 うぁぁぁぁぁ~~~~ん!!!!

 うんうん、紅丸もそうだったっけ。

 うぁぁぁぁぁ~~~~ん!!!!

 ん? もう5分も経ってるなぁ、こんなにかかったっけ??
 Kちゃんママの側に行き、長いね~なんて話しながら待つこと20分!!
 いったい中では何が行われていたのだろうか!?w
 看護士さんがやってきて、「血液型の検査分がまだ取れてなくて、もう一度刺さないと採れないんですが、どうしますか?」と……
 さすがに泣き声まで裏返るほどのKちゃんだったので、ママは「今日はやめときます」と答えて、目を真っ赤に泣き腫らしたKちゃんを受け取った。
 見ると、右手人差し指の付け根辺りに絆創膏が貼ってある。
 え? こんなところから??(汗
 そりゃ泣くよなぁ。
 私も手の甲から点滴とかしたけど、痛いんだよねぇ 動くとさ。

 その後も会計の待ち時間15分たっぷりと使って泣き寝入りしたKちゃん。
 トータルで45分ぐらい泣き通しだったかな。
 痛かったね。がんばったね。と、Kちゃんママと声をかけてあげました。
(声をかけると思い出すのか、余計に泣いちゃったみたいだったw ゴメンw)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。