So-net無料ブログ作成

結露 [環境]

 赤ちゃんの居る家庭(加湿器を置いている家庭)であれば、冬の朝は窓拭きから始まる家は多いのではないだろうか。
 ウチもそうである。しかも、ハンパじゃない。

 この窓枠に表面張力で、ギリギリのところで木枠までに届いていないが、ひとたび雑巾を置こうものなら、その絶妙なバランスは崩れ、木枠をあっという間に水が走り、ダラダラダラ~~~~……っと壁を伝って逃げてるようにこぼれ落ちてしまう。









←もちろん、下だけではなく、上もこのとおり。
 下の部分は雑巾を乗せて、水の流出を抑えておきながら、別の雑巾で上から水をダリダリダリ~~~っと拭きとる。
 下に雑巾を乗せていないと、表面張力がまたしてもバランスを崩し、ダラダラダラ~~~~……となったことがあったので、学んだ。

 この冬は得に寒かったので、雪の日は2~3回、ごしごしと雑巾を持ってふき取る。
 もう、2度と今日は拭くものか!! という意気込みで、ありったけの雑巾を出動させて、カラッカラになるまで拭かないと、気がすまない。

 これだけひどいと、結露防止スプレーも流れてしまいそうだ。
 何か、良い方法はないだろうか。

 使用後 拭き取り後


******************************************************
怒りの……哺乳瓶

 いつも、朝は寝かせたまま哺乳瓶を持たせて飲ませている。
 まぁ、勝手に飲んでくれているので、その合間にオムツを替えたりしているのだが、昨日の朝は、何故かご機嫌ナナメ。
 持たせても、すぐに落とそうとするので、何度めか持たせ直していたら、紅丸が怒りの声と同時に、私に哺乳瓶を投げつけた。

 イテッ!!

 ……日々の筋トレが、こんな所で現れたのであろうか。
 宙を飛んで受け止めた哺乳瓶は、重い瓶タイプで、200cc満載のミルク入り。
 やるな!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。